第33回 古代からの装身具 「エジプトのガラス」

銀座三越 8階ギャラリー

poster for 第33回 古代からの装身具 「エジプトのガラス」

このイベントは終了しました。

モザイクガラスは色ガラスを溶かし、埋め込み、精緻な文様を施す高度な象嵌の手法です。ヘレニズム時代に最盛期を迎えたモザイクガラスは、小箱、家具、壁などの装飾として、貴族の間で多く使われました。多彩な色ガラスで神々の姿や花などが施された飾板は、まさに心を打つ芸術品です。

会場: 8階ギャラリー

メディア

スケジュール

2013年11月06日 ~ 2013年11月12日 16:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use