「歳の市」展

gallery ON THE HILL

poster for 「歳の市」展

このイベントは終了しました。

歳の暮れに正月の準備をするための市を、江戸時代には歳の市と呼んだ。日本において新年を迎えることは、家内安全や五穀豊穣を司る歳神様を家にお迎えするという意味を持つ。心を清め、身の周りの道具から住まいまで、人々は新年の準備をした。そのため歳の市では、正月用品の松竹梅の盆栽、羽子板、注連飾りから始まり、重箱、お屠蘇、雑煮椀、それだけではなく様々な生活雑貨を扱った。

出展作家: 荒井修(扇)、亀屋都光斉(御殿玩具・飾箱)、辛島綾(折形)、桐本泰一(漆器)、小林健二(景色盆栽)、小山剛(木工)、SHIMOO DESIGN(木製家具・小物)、他

メディア

スケジュール

2013年10月29日 ~ 2013年11月04日 17:00
開館時間: 11:00〜19:00

オープニングパーティー 2013年10月29日18:00 から 20:30 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use