「カイユボット 展 - 都市の印象派 - 」

ブリヂストン美術館

poster for 「カイユボット 展 - 都市の印象派 - 」

このイベントは終了しました。

ギュスターヴ・カイユボット(1848–1894)はモネやルノワールとともに印象派を代表する画家で、1876年の第2回印象派展以降、5回にわたって印象派展に参加しました。その存在は、仲間の作品を購入することによって、経済的に彼らを支えたほか、印象派展の開催の継続などでも、仲間の意見調整や経済支援などをおこなった人物として知られています。しかし近年では、印象派の画家としての活動に関心が集まり、作品の再評価が進んでいます。すなわち、ドガと同様に、近代都市パリの新しい風俗や都市風景を光り溢れる繊細な筆致で描いた作品に関心が高まっているのです。本展では、カイユボットの代表作を中心に60点と、弟マルシャルによる貴重な写真作品を展示し、知られざる画家の全貌をアジアで初めて紹介します。

[関連イベント]
スライドトーク
日時: 毎週水曜日・金曜日 15:00~16:00
会場: ブリヂストン美術館ホール

土曜講座「印象派の画家ギュスター・カイユボット」
1.「近代都市パリとカイユボット」
日時: 11月23日(土) 14:00~16:00
講師: 坂上桂子氏(早稲田大学文学学術院教授)
定員: 130名(先着順)
聴講料: 400円

2.「印象派に取っての写真、写真にとっての印象派」
日時: 11月30日(土) 14:00~16:00
講師: 鈴木理策氏(写真家、倉石信乃氏(明治大学教授)
定員: 130名(先着順)
聴講料: 400円

3.「印象派グループ展のなかのカイユボット」
日時: 12月7日(土) 14:00~16:00
講師: 島田紀夫(ブリヂストン美術館館長)
定員: 130名(先着順)
聴講料: 400円

4.「都市の印象派、カイユボット」
日時: 12月14日(土) 14:00~16:00
講師: 新畑泰秀(ブリヂストン美術館学芸課長)
定員: 130名(先着順)
聴講料: 400円

[画像: ギュスターヴ・カイユボット「イエール川のカヌー漕ぎ」(1877) 油彩、カンヴァス 89×115cm]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年10月10日 ~ 2013年12月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use