「描かれた都 開封・杭州・京都・江戸」展

大倉集古館

poster for 「描かれた都 開封・杭州・京都・江戸」展

このイベントは終了しました。

日本と中国の絵画において都市の景観や風俗などを画いた作品を中心に展観します。主に中世から近世の両国を代表するメトロポリスであり、画題としても好まれた4つの都、開封、杭州、そして京都、江戸をテーマとし、それぞれの都市とそこに生活する人々を画いた図が、互いに影響し合いながら時代を超えて成立していく様を見てゆきます。また、期間中に久隅守景筆「賀茂競馬・宇治茶摘図」(重要文化財)を修理後初公開いたします。

[画像: 山口晃 「東京圖 六本木昼図」]

[関連イベント]
邦楽演奏会「大和楽の夕べ - 京都~江戸への誘い - 」
日時: 10月12日(土) 18:00〜 (17:30開場)
会場: 2F展示室
料金: 1000円 (「描かれた都」展のご観覧には別途入場券が必要)
座席: 全席自由 (要予約)

特別レクチャー・トーク
日時: 11月1日(金) 14:00〜
会場: 展示室
講師: 板倉聖哲 (東京大学東洋文化研究所教授)
料金: 無料 (要予約、「描かれた都」展の入場券が必要)

中国古琴の演奏
日時: 12月7日(土) 14:00〜
会場: 1F展示室
出演: 楊鵬 (呉門派古琴演奏家)
料金: 無料 (予約不要、「描かれた都」展の入場券が必要)

メディア

スケジュール

2013年10月05日 ~ 2013年12月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use