「百花繚乱 -花言葉・花図鑑-」展

山種美術館

poster for 「百花繚乱 -花言葉・花図鑑-」展

このイベントは終了しました。

日本における季節の草花への関心と、それを造形化しようとする意識は古くから知られています。人は花の美しさを讃え、時には自ら育てる喜びをも享受し、時代ごとに様々な花の表現を生み出してきました。本展では、「物語でたどる人と花」、「ユートピアとしての草花と鳥 」、「四季折々の花」という3つの切り口から花を描いた作品を厳選し、花言葉や花の特徴、花を題材とした和歌や画家の言葉とともに、その魅力をご紹介します。満開に咲き誇る花の表現を通じて、美術はもちろんのこと文学や園芸の視点からも作品を読み解きながら絵画をお楽しみいただける展覧会です。
前期展示4月6日(土)~5月6日(月・休)、後期展示5月8日(水)~6月2日(日)

[画像: 荒木十畝「四季花鳥」]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年04月06日 ~ 2013年06月02日
4月29日(月)、30日(火)、5月6日(月)は開館、5月7日(火)は休館

アーティスト

酒井抱一鈴木其一荒木十畝菱田春草

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

Google Art Projectに、日本から新しく3館が参加。

【Art Beat News】 世界40カ国以上、200を超える機関、4万超の作品を鑑賞できるように。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use