「ラジカセ・メロトロン化計画」

VACANT

poster for 「ラジカセ・メロトロン化計画」

このイベントは終了しました。

1950年代に発表されて以来、ミュージシャンに愛され、数多くの楽曲に使用されてきた楽器「メロトロン」。今回のプロジェクトでは、家電蒐集家・松崎順一(Design Underground)とガジェット開発者の小林ラヂオによる、「テープ音源を再生するオルガン」として開発されたメロトロンを再解釈・構築する「ラジカセ・メロトロン化計画」の制作を行います。キーボードによって複数台のラジカセをコントロールする巨大音楽装置「ラジカセ・メロトロン」の初公開を含めたサウンド・インスタレーションを、アーティスト/エンジニアである堀尾寛太が構成。さらに、スペシャルゲスト・嶺川貴子を迎えて、ラジカセ・メロトロンを「演奏」するスペシャルライブも開催します。
サウンド・ライブ・トーキョー・フリンジ参加プログラム。

[イベントスケジュール]
インスタレーション
日時: 9月28日(土)15:00~18:00、9月29日(日)13:00~20:00
ライブパフォーマンス
日時: 9月28日(土)18:30開演 19:00開始

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年09月28日 ~ 2013年09月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use