「Light & Blindness」展

Maki Fine Arts

poster for 「Light & Blindness」展

このイベントは終了しました。

この度、Maki Fine Artsは、新スペース(3331 Arts Chiyoda内205)へ移転し、こけら落としの記念展として、6月22日(土)より、グループ展「Light & Blindness」を開催致します。本展覧会では、7名のアーティストの新作および代表作を展示致します。今最も注目を集めるペインター、杉田陽平(1983年生まれ)は、印象派を思わせるような優しい色調で、現代性と懐かしさを同時に感じさせるような幻想的な一瞬の情景を描いたペインティングで高い評価を得ています。これまで開催した個展では99.9%が完売、圧倒的な支持を集めるアーティストの待望の新作を発表致します。今回Maki Fine Artsで初の作品発表となる、鈴木紗也香(1988年生まれ)は、VOCA展2013にて最優秀賞・VOCA賞を受賞。「Paradox」をキーワードに、画面上にいくつもの異なる空間を構築した、新作ペインティングを発表します。写真を切り抜く池田衆は、より精度を高めた新作、加納俊輔は写真と立体物を掛け合わせる「layer of my labor」シリーズの新作、ドイツ在住の中谷ミチコは新作ドローイング作品を中心に、田中和人は金箔の透過光を用い撮影された初期「GOLD SEES BLUE」シリーズより、そして照屋勇賢はピザの箱に文字を切り抜いた作品、3.11 東日本大震災の記事が掲載されたNew York Timesに小さな新芽を作り出した「Minding My Own Business」シリーズの最新作を展示致します。

[画像: 杉田陽平 「メヴィウス」(2013) カンバスに油彩、53x45.5cm]

メディア

スケジュール

2013年06月22日 ~ 2013年08月11日

オープニングパーティー 2013年06月22日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use