「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁気」

サントリー美術館

poster for 「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁気」

このイベントは終了しました。

17世紀初頭、佐賀県の有田一帯で作られた日本で最初の磁器は、伊万里港から日本全国に流通し「伊万里」と呼ばれました。伊万里は、17世紀中頃からオランダ東インド会社によって世界各地にも輸出されます。特にヨーロッパでは、高級実用品としてのみならず、宮殿や邸宅を彩る室内装飾として、王侯貴族の一つのステータスシンボルになっていました。本展では、日本初公開となる大阪市立東洋陶磁美術館所蔵の輸出伊万里を中心に約190作品をご紹介します。

メディア

スケジュール

2014年01月15日 ~ 2014年03月16日
2月10日(月)は20時まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use