「ムサビのデザインⅢ デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン」展

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 「ムサビのデザインⅢ デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン」展

このイベントは終了しました。

このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では「ムサビのデザインⅢ ―デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン」を開催いたします。2011年に当館のリニューアル開館記念として始まったシリーズ展「ムサビのデザイン」の第3弾となる本展は、20世紀のプロダクト・デザイン史においてひときわ異彩を放つ、オリベッティ社とブラウン社に焦点を当てます。1908年に北イタリアの小都市イブレアで設立されたオリベッティ社は、タイプライターの製造を出発点に計算機やオフィス家具などワークスペースで必要とされる様々な製品に活動領域を広げていきました。その発展を支えた要因のひとつは、企業思想を的確にとらえ卓越したディレクションの力を発揮した歴代のクリエイターたちの存在です。同社の製品が20世紀のオフィス空間に与えた影響ははかりしれません。一方、1921年にドイツのフランクフルトで起業したブラウン社は、音響機器の製造をはじめとして、シェーバーや時計、ライターなど生活に身近なプロダクトを発表してきました。シンプルかつ機能的である製品はもちろんのこと、その製品と緊密な関係をもつコミュニケーションシステムなど、デザインがブランドイメージの構築にこれほどまで大きな役割を果たした例は、同社をおいて他に見られません。確固とした企業理念に基づく両社の製品は、今日なお世界中の企業やデザイナーからクリエイションの指標と目されています。本展ではオリベッティ社とブラウン社が世に送り出した製品をはじめ、ポスター、製品カタログなどのグラフィック、そして販促用グッズなど当館所蔵の約200点を展示します。両社の活動軌跡をたどることは、デザインと企業理念の関係についてあらためて考える機会となるでしょう。

メディア

スケジュール

2013年06月03日 ~ 2013年08月18日
休館日: 日曜日、6月9日(日)、7月15日(祝)、8月18日(日)は特別開館日、土曜日・特別開館日は17:00まで。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use