「生誕100周年記念 中原淳一展」

高崎市美術館

poster for 「生誕100周年記念 中原淳一展」

このイベントは終了しました。

戦前から戦後にかけて、ファッションやインテリア、ライフスタイルに至るまで美しさを提案し、女性たちから圧倒的に支持された中原淳一(1913-1983)。19歳で開催した自作のフランス人形展で大きな反響を巻き起こし、それを機に雑誌『少女の友』の挿絵、表紙を手がけるようになり、またたく間にその名が知れ渡ります。その後、雑誌『それいゆ』『ジュニアそれいゆ』『ひまわり』『スタイルブック』などの少女雑誌に編集者、画家として主体的に関わりました。
生誕100周年を記念する本展覧会では、雑誌の表紙原画、スタイル画、人形、雑誌の付録のほか、中原が提案した「少女の部屋」や、ファッションデザイナー・丸山敬太氏によるシンデレラのドレスの再現も展示。「美しく生きる」ことの意味と大切さを多くの人々に伝えようとした中原淳一の美学に迫ります。

[画像: 中原淳一「配色の研究『それいゆ』第37号原画」(1956)]

メディア

スケジュール

2013年11月09日 ~ 2014年01月26日
休館日:12月28日(土)~1月4日(土)

アーティスト

中原淳一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use