塩見友梨奈 「2780」

スパイラル

poster for 塩見友梨奈 「2780」

このイベントは終了しました。

表層からもたらされる印象と深層心理との違いや、自身の内側と外側の境界としての“皮膚”など、人間の精神や肉体をテキスタイルで表現する塩見友梨奈。多重人格障害として知られる実在の人物ビリー・ミリガンをモチーフとした子供用ブランコ型の作品『首吊りビリー』は、派手で凡庸な柄の生地を繋ぎ合わせた24本の手の集積がまるで首を吊っているかのように一本の鎖で吊られています。安定感が無く、作品前方のファスナーを閉じると真っ暗になる胎内に誘導された体験者は、23人の人格の中に閉じこもってしまったビリーの”不安定で不安”な孤独な状況を疑似体験するかのような感覚になります。「2780」は、塩見自身の出生体重であり、今回の個展では「生命の拘束」をテーマとし、胎児の重さから着想を得た新作が並びます。
会場: ショウケース (スパイラル1F)
[画像:塩見友梨奈「首吊りビリー」(2013)]

メディア

スケジュール

2013年10月25日 ~ 2013年10月27日

アーティスト

塩見友梨奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use