「メイド・イン・カンダ − このまちで生まれる人・アート・建築へのまなざし - 」

3331 Arts Chiyoda

poster for 「メイド・イン・カンダ − このまちで生まれる人・アート・建築へのまなざし - 」

このイベントは終了しました。

この度、3331 Arts Chiyodaでは、クロスジャンルの大型アートイベント「TRANS ARTS TOKYO 2013」と連動し、「メイド・イン・カンダ」展を開催いたします。写真家・池田晶紀による神田っ子をモデルにした「神田っ子ポートレイト」プロジェクトや、同じく写真家・川瀬一絵と地元住民で編成する「神田路上観察 2013」では、神田の人やまちの佇まいをそのまますくいとります。また、韓国気鋭のアーティスト、スンウ・バクは神田で滞在制作し、都市の俯瞰図をコラージュする「REESTABLISHING SHOT(リエスタブリッシング・ショット)シリーズの最新作を発表します。さらには、90年代にユニークな発想と視点で建築界に新風を巻き起こし、著書「メイド・イン・トーキョー」(1996年)をもつ建築ユニット、アトリエ・ワンの塚本由晴は、新たなチームを編成して「都市神田学/Urban Kandaology」を構想。今回はそのフィールドワークの第一回の報告・展示を行います。

会場: 1F メインギャラリー

参加作家: 池田晶紀、スンウ・バク、アトリエ・ワン+東京工業大学大学院 塚本由晴研究室 featuring 大佛俊泰研究室、川瀬一絵+神田路上観察チーム

メディア

スケジュール

2013年10月27日 ~ 2013年11月17日
開館時間: 12:00〜19:00、休館日: 火曜日

アーティスト

池田晶紀スンウ・バク

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use