小泉圭理 「入れない|Not Insertable」

TALION GALLERY

poster for 小泉圭理 「入れない|Not Insertable」

このイベントは終了しました。

ペンと紙が交わりドローイングが生まれる。男と女が交わり新しい命が生まれる。そこに大きな違いはない、と小泉圭理は述べている。キャンバスはそれ自体が、木の棒が布でくるまれ、あるいは布が木の棒で支えられ出来ているように、相互にまぐわり交接している。そこに絵筆が突き立てられ、新しいかたちが生まれる。小泉にとっては、紙や布に絵が描かれること、そして絵画が壁にかけられることは、普遍的な空間と事物の問題というより、一回かぎりの出会いと交わりなのである。小泉の作品にしばしば登場する、固く先の尖ったものや、柔らかく丸みを帯びたイメージは、それぞれに男性性や女性性の隠喩、より直接的には性器の変形として読み取ることができる。しかし、小泉の描くものは、二項対立的なシンボルやイメージの表出とは、明らかにかけ離れている。慎ましく重層化された色とかたち、そしてイメージの平面性を揺さぶるストロークには、二元論的な解読の及ばない、今日的な性愛関係の屈折とねじれが表れていると言える。TALION GALLELRY では、小泉圭理による初の個展となる本展「入れない」では、すべて新作のペインティングと立体作品が展示される。

メディア

スケジュール

2013年10月26日 ~ 2013年11月30日

オープニングパーティー 2013年10月26日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

小泉圭理

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use