「幕末の見立絵 - 三代豊国・広重・国芳 - 」

太田記念美術館

poster for 「幕末の見立絵 - 三代豊国・広重・国芳 - 」

このイベントは終了しました。

浮世絵によく見られる「美人画」や、「役者絵」、そして「風景画」。何気なく目にしているこれらのモチーフにも、実はちょっとした「謎掛け」が仕掛けられ、背後に別の意味や関係性が隠されていることが少なくありません。江戸の浮世絵師や版元たちが絵に込めたこれらの「謎掛け」は、和歌や俳諧などの文学、日本の歴史、歌舞伎、地方の地理や風俗などを踏まえたもので、幅広い教養があって初めて、作品の本当の意味を知ることができるのです。

中でも三代歌川豊国や歌川国芳、歌川広重らによって幕末に多く描かれ、大流行したのが「見立絵」と呼ばれる手法。見立絵とは、連想ゲームのように、画中の題材から別のイメージを連想して楽しむ、知的な趣向の絵のことを言います。見立絵に隠された意味や関係性を読み解くことによって、私たちは江戸の人たちが楽しんだ、豊かな教養を垣間見ることができるのです。見立絵を通じて、「一歩深い」浮世絵の見方を学んでみませんか。

[関連イベント]
「学芸員によるスライド・トーク」
本展の担当学芸員が見どころをご案内します。
日時: 12月4日(水)、14日(土)、18日(水) 14:00~(40分程度)
会場: 美術館B1F 視聴覚室
申込不要、参加無料(要入場券)

[画像: 三代歌川豊国「東海道五十三次之内 宮 景清」]

メディア

スケジュール

2013年11月30日 ~ 2013年12月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use