「日本伝統工芸展60回記念 工芸からKŌGEIへ」展

東京国立近代美術館工芸館

poster for 「日本伝統工芸展60回記念 工芸からKŌGEIへ」展

このイベントは終了しました。

今日、先達たちの努力によって独自の発展を遂げた日本の「工芸」は、Craftではなく「KŌGEI」として、そのクオリティーの高さが評価され、まさに世界に発信するチャンスを得ようとしています。そこで今秋、日本伝統工芸展が60回目を迎えたのに因んで、伝統工芸の「今」を概観し、そして「未来」を見据えてみたいと考えます。重要無形文化財の指定・認定の制度のねらいは、「技」の保存と活用を図り、後世に伝えることにありますが、保持者を含めた工芸家は、「技」の伝承だけでなく、個人の美意識にもとづく作品を創造することで、新たな伝統を築き上げようとしています。本展ではそうした意志を、新たな発想と深い思考を見せる現役作家97名の代表作で紹介します。

[関連イベント]

「アーティスト・トーク」

小宮康正(染織「江戸小紋」)
日程: 1月5日(日)
神農 巌(陶芸「青磁」)
日程: 1月13日(月・祝)
石田知史(ガラス「パート・ド・ヴェール」)
日程: 2月2日(日)
武関翠篁(竹工)
日程: 2月9日(日)

時間: 各日とも14:00~15:00
場所: 工芸館2F会場
※申込不要、参加無料(要観覧券)

「ギャラリー・トーク」
当館研究員が鑑賞のポイントを分かりやすく解説します。
唐澤昌宏(東京国立近代美術館工芸課長)

日時: 12月22日(日) 14:00~15:00
場所: 工芸館2F会場
※申込不要、参加無料(要観覧券)

「タッチ&トーク」
工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム。作品の見どころを、展示室で作品を鑑賞しながら解説する<トークコーナー>と、著名作家の作品や資料・制作工程資料などを実際に手にとったりさわりながら鑑賞いただける<タッチコーナー>とでご案内します。

日程: 会期中の毎週水・土曜日
時間: 14:00~15:00
場所: 工芸館会場
※申込不要、参加無料(要観覧券)

※関連イベント詳細は、公式ホームページをご確認下さい。

[画像: 森口邦彦「友禅訪問着 黄唐茶格子文」(1993) 個人蔵]

メディア

スケジュール

2013年12月21日 ~ 2014年02月23日
年末年始休館日: 12月28日(土)~1月1日(水・祝)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use