田名網敬一「KILLER JOE'S」

NANZUKA

poster for 田名網敬一「KILLER JOE'S」

このイベントは終了しました。

今回の展覧会では、田名網のスタジオから最近発掘された60年代から70年代初めにかけて制作されたドローイングやコラージュ、ペインティング、そしてアニメーションを発表いたします。オリジナル作品の展示という意味では、全ての作品が今回初公開となります。

田名網敬一は、1936年東京生まれ。武蔵野美術大学デザイン科卒。1960年代からメディアやジャンルの境界を横断して、アートディレクション、イラストレーションといったグラフィックデザインの枠に留まらず、アニメーション、実験映画そして絵画、彫刻作品まで幅広く手掛け、現代の可変的なアーティスト像の先駆者として世界中の若いアーティストたちに大きな影響を与えているアーティストです。60年代には、伝説的ロックバンド「モンキーズ」の『Pisces,Aquarius,Capricorn & Jones Ltd』 (1967)や、「ジェファーソン・エアプレイン」の『After Bathing At Baxters』(1967)の日本版アルバムジャケットを制作、また1968年にアメリカのAVANT-GARDE誌主催の「反戦ポスターコンテスト」 にて、シルクスクリーンプリント作品「NO MORE WAR」シリーズを発表するなど、ポップアート及びサイケデリックカルチャーの日本への導入に重要な作品を残しています。 また、田名網は、「卵形」(1963)、「田名網敬一の肖像」(1966)、「未来虚像図鑑」(1969)といった作品集の出版にも力を注ぎ、「アートブックの作品性」というテーマにも早くから取り組んできました。これらの作品は、田名網が、デザインのルールを応用したポップアートの可能性にいち早く着目し、遅くとも60年代の中頃から多色印刷やイメージのサンプリングなどといった技法や、「アートにおける複製」という概念を自身の作品で実験的に応用していたことを証明しています。

また、田名網は、同時期にアンディ・ウォーホルやジョナス・メカスの洗礼を受け、実験映像作品やアニメーションの制作にも力を注いでいます、それらの作品は、「ニューヨークフィルムフェスティバル」(1976)、「日本の実験映画特集」展(ニューヨーク近代美術館、1978)、「ロンドン国際前衛映画祭」(イギリス、1979,2003)、「Japanese Underground Cinema Program 6: Radical Experiments in Japanese Animation」(ニューヨーク近代美術館, 2013)など数多くの国際映画祭、映像作品展に招待出品され、また近年ベルリン国立美術館(Hamburger Bahnhof)に収蔵されるなど、高い評価を受けています。

本展覧会にて発表される主な作品は、田名網敬一が1967年に初めてNYを訪れた際の衝撃とアンディー・ウォーホルが牽引するアメリカのポップアートの文脈に刺激を受けて、60年代後半から70年代初頭にかけて制作したイラストレーション原稿などのドローイング、私的な作品として制作されたコラージュブック、当時のアイドルや女優を描いたオイルペインティング、そして深夜番組「11pm」のために制作されたエロティックなアニメーション作品などです。ベトナム戦争、日米安全保障条約の改定、中華人民共和国文化大革命、オイルショックといった事件に象徴される激動の時代を反映して花開いたカウンター・カルチャーの旗手、田名網敬一の真骨頂とも言えるアイロニカルでポップな表現は、50年が経過した現在も決して色褪せることなく、むしろその輝きを益しています。田名網は、60年代という時代を振り返って、次のようなコメントを残しています。「ぼくの紆余曲折しながら歩んできた道程をふりかえると、60年代という特別な時代が遥か彼方でいまも鋭い光を放っているのがよくわかる。イラストレーションもアニメーションも実験映画もペインティングも版画も立体もそのすべてが60年代に生みおとされ成熟されたものといってもよい。」

メディア

スケジュール

2013年04月27日 ~ 2013年05月25日
休廊日: 日曜日、月曜日、祝日

アーティスト

田名網敬一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use