「Urban Narratives ―ある都市の物語―」展

エスパス ルイ・ヴィトン東京

poster for 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」展

このイベントは終了しました。

エスパス ルイ・ヴィトン東京の第6回エキシビションは、西へと向かい、インドの現代アートシーンを探究します。美術史家であり美術評論家でもあるナナク・ガングリー(Nanak Ganguly)がキュレーションを担当し、コルカタ(インド・西ベンガル州)で活動する新進気鋭のインド人アーティスト4名を今回の展示作家に選びました。この地域は、現代ビジュアルアーツ界の発展に多大な貢献をしてきたと、ガングリーは考えます。
インドを拠点とするインド人自らの視点でインドの現状を描く――というアイデアから生まれた本エキシビション。展示作品11作品のうち、8作品が今回新たに制作され、空間と時間が交差し、差異とアイデンティティを併せ持つ複雑な形態が生まれる変遷の中にあるインドを、鋭く捉えています。
今回ご紹介するアーティストたちの作品は、インドの伝統的アートに西洋的な要素も多く取り入れ、現代シーンの多様性を色濃く反映しています。アディプ・ダッタ(Adip Dutta)、スネハシシュ・マイティ(Snehasish Maity)、セカール・ロイ(Sekhar Roy)、ピヤリ・サドゥカーン(Piyali Sadhukhan)は皆、中世の書や偶像から植民地時代の遺産に至るまで、インドの文化的な歴史に深く影響を受けています。
アーティストたちは、エスパス ルイ・ヴィトン東京の空間の中で、キャンバスからマルチメディア・インスタレーション、映像まで、多様なジャンルの作品を通じて、それぞれの創造性を表現します。セカール・ロイの巨大インスタレーション、『Skyline(スカイライン)』は、観る者にインド特有の土着的な空間を再発見させ、アディプ・ダッタの考古学への関心は、イメージと言葉、主張と理解の間のギャップを再構築させます。本展唯一の女性アーティスト、ピヤリ・サドゥカーンの作品は、亜大陸の歴史だけではなく、ジェンダーの退廃といった課題についても考察。スネハシシュ・マイティはインドにおける都会での体験に焦点を当て、その普遍性を再考させます。

ガングリーは、本エキシビションに関し、「社会に深く浸透するヒエラルキー(階層制度)、その結果生まれる征服支配、規則として定められた考え方がもつドグマ、性別間の不公平さ、バイオレンス、そしてそこから生まれる混沌としたインド亜大陸の生活、差別から生まれる堕落、こうした要素がぎっしり詰まっています。このエスパス ルイ・ヴィトン東京の展示空間は、これらのアーティストたちが内面的に、そして強烈に、ほとんど無差別な自由奔放さをもって、時間と空間を探索し、取得したビジュアルテキストであふれています。」と、コメントしています。
現代インドの真の姿を映しだした作品の数々がもたらす斬新な刺激に満ちた体験を、ぜひお楽しみください。

[画像: ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat, Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo]

メディア

スケジュール

2013年01月26日 ~ 2013年05月06日

Facebook

Reviews

Rei Kagami tablog review

Urban Narratives —ある都市の物語—

アーティストの眼を通して描かれる現代インドの姿

prof__butterfly: (2013-01-26)

エスパスのこれまでの展示の中で最も社会性が強いものかもしれない。インドの文化や現在に詳しければより理解が深まるだろうが、そうでなくとも視覚的効果だけでも楽しめる。

voidchicken: (2013-02-03)

http://voidchicke.exblog.jp/17726806/
いつも展示がおもしろい! 

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use