横尾忠則 「記憶の映像学」

LIBRAIRIE6 /シス書店

poster for 横尾忠則 「記憶の映像学」

このイベントは終了しました。

1958年、東京/赤坂に芸術家による実験場として発足した草月アートセンター。この場所において64年~65年に横尾忠則はそれまでの作品を集大成する形のコラージュ作品《アンソロジーNO.1》(1964)何百枚も描いたキス・シーンを破りながら重ね写した《KISS KISS KISS》(1964)「日本民話グラフィック」に収められている「かちかち山」を原作とした《堅々獄夫婦庭訓》(1965)を発表した。82年の「画家宣言」以降は、絵画を中心に活動し、現在幅広い作風でジャンルを超えて活動している美術家/横尾忠則による1960年代、激動の時代に発表された幻のアニメーション作品。

[画像: 横尾忠則 「A LA MAISON DE M. CIVEÇAWA 1965年 暗黒舞踏派ガルメラ商会」(2006) 1030×728mm 紙にシルクスクリーン ニューヨーク近代美術館蔵]

メディア

スケジュール

2013年02月02日 ~ 2013年02月24日

アーティスト

横尾忠則

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

第5回恵比寿映像祭、開催中! テーマは「パブリック⇄ダイアリー」

【Art Beat News】多数の地域連携プログラムも必見!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use