第32回企画展 「おみやげと鉄道」

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

poster for 第32回企画展 「おみやげと鉄道」

このイベントは終了しました。

日本の観光地では、至るところにおみやげ屋さんがあり、菓子類を数多く販売しています。しかし、そのような光景は世界的にみれば必ずしも一般的ではなく、とりわけ欧米人には興味深く映るようです。この「おみやげと鉄道展」は、本展の監修者が、2001(平成13)年にロンドンの大英博物館で開催されていた「現代日本のおみやげ」という小さな企画展示を偶然見たことから興味を持ち、その後、研究を進められてきたことがきっかけとなりました。鉄道の延伸や路線変更など、交通機関もその土地の名物、売上げや人気度に影響してくるようですし、近年では「駅ナカ」という言葉が定着してきたように、駅の構内にはさまざまな商業施設が展開しています。名物としての地位を維持発展させていく、あるいは新しい菓子を全国に広めていくためには、鉄道や博覧会といった近代の装置を活用することも大きな要素で、効果的な方法の一つとして「鉄道駅構内販売への進出」もあったと考えられます。そういう周辺事情も展示でご紹介してまいります。

メディア

スケジュール

2013年08月06日 ~ 2013年11月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use