「Geo-Cosmos新規上映プログラム『軌跡~The Movements』」

日本科学未来館

poster for 「Geo-Cosmos新規上映プログラム『軌跡~The Movements』」

このイベントは終了しました。

テーマは「人間の活動と地球観の変遷」。約6億年前からの大陸移動、20万年前からの人類の大移動、古地図、現代の道路、航路、鉄道、空路、そして国際宇宙ステーション(ISS)、GPSなど、“移動”にまつわるさまざまなデータから、人類が歴史のなかで歩んできた軌跡を描き出します。平成23年にリニューアルし、有機ELパネル1000万画素を超える超高解像度ならではの表現が可能となったGeo-Cosmos。その可能性を幅広く探るために、初めて上映プログラムのプロポーザルコンペティションを実施し、映像プロダクション、株式会社オムニバス・ジャパン(ディレクター:山本信一氏)が選ばれました。さまざまなCMや映画、イベント映像などの制作で培われたハイクオリティなCG映像と、それにシンクロする音響演出によって、まるでGeo-Cosmosが語りかけてくるような、感性に訴える球体映像表現に挑戦します。

場所: 1Fシンボルゾーン

[関連イベント]
-Geo-Cosmosをとり囲む空間に流れる音楽
世界的に活躍するテクノ・プロデューサー/DJであるジェフ・ミルズ氏がGeo-Cosmosをとり囲む空間に流れる音楽を制作、3月22日(金)より一般公開します。宇宙をテーマに表現を追求してきたジェフ・ミルズ氏が、館長毛利衛の宇宙体験をふまえ
宇宙、地球、人々のつながりをコンセプトに、地球を眺めるためのサウンドトラックを制作しました。
制作: ジェフ・ミルズ
場所: オーバルブリッジ

-地球を聴くGeo-Sound オープニングパフォーマンス「T-minus and Holding」 with ジェフ・ミルズ
本イベントは、特別週間『「つながり」プロジェクト2013~10日間の地球合宿』のオープニングパフォーマンスとして開催します。トークを交えながら、ジェフ・ミルズ氏自身が制作した映像による「Cine-mix(シネミックス)」と題されたパフォーマンスを披露します。
日時: 3月22日(金) 19:30~21:00(予定)
場所: 1Fシンボルゾーン
出演: ジェフ・ミルズ
参加: 事前予約制
※予約方法は公式ホームページをご覧ください。

メディア

スケジュール

2013年03月22日

オープニングパーティー 2013年03月22日19:30 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use