「笑う浮世絵 - 戯画と国芳一門 - 」

太田記念美術館

poster for 「笑う浮世絵 - 戯画と国芳一門 -  」

このイベントは終了しました。

江戸の人々はお笑いが大好き。歌舞伎はもとより、落語などの演芸、文学などさまざまな分野で、粋で洒脱な笑いが発達しました。浮世絵の分野でも、特に江戸後期には、歌川国芳を中心に溢れ出るアイデアと高度なユーモアに満ちた魅力的な作品が描かれています。猫やほおずきが擬人化されて人間のように生き生きと動き回ったり、人間の欲望をユーモラスに風刺したり。機知に富んだ知的な笑いもあれば、時には苦笑を誘うような「脱力系」の笑いもある、多種多様な「江戸の笑い」。江戸時代に花開いた豊かな笑いの文化は、マンガやお笑い番組など、現代の日本人にとっての「笑い」の源流になりました。本展では、奥深い江戸の笑いの世界を、浮世絵を通してご紹介いたします。(前期と後期で展示替え有り)
[画像:歌川国芳「道外 とうもろこし 石橋の所作事」]

メディア

スケジュール

2013年10月01日 ~ 2013年11月26日
10月15日(火)、11月5日(火)は休廊、10月28日~10月31日は展示替えのため休郎

アーティスト

歌川国芳歌川広重歌川豊国

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use