平野敬子 「Vision And Realization」

クリエイションギャラリーG8

poster for 平野敬子 「Vision And Realization」

このイベントは終了しました。

1997年に急逝したグラフィックデザイナー亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として、1999年、亀倉雄策賞が設立されました。この賞の運営と選考は社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が行い、毎年、年鑑『Graphic Design in Japan』出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に対して贈られます。
第15回は、平野敬子氏の、美術館の周年事業関連制作物「東京国立近代美術館 60周年」に決定しました。工藤青石氏とともに設立したコミュニケーションデザイン研究所(CDL)で、デザインにより最良のコミュニケーションを生むことを理想とし、NTTドコモ「F702iD 所作」のプロダクトデザイン及びトータルブランディングや、竹尾、特種製紙の白い紙「ルミネッセンス」の開発、展覧会企画や書籍編纂など、分野を横断して活動する平野氏。
平野氏による東京国立近代美術館の仕事は、2002年の開館50周年リニューアル・オープンの際にシンボルマーク&VI計画を手掛けたことに始まりました。その縁が今日に繋がり制作に至ったという受賞作は、「グラフィックデザインの本来的な社会性を再び気づかせた、品格のある誠実な仕事」と評価され、今回の受賞となりました。
この受賞を記念して個展を開催いたします。

受賞作品 美術館の周年事業関連制作物「東京国立近代美術館 60周年」 (cl:東京国立近代美術館)

[関連イベント]
第244回クリエイティブサロン
日時: 4月18日(木) 19:10~20:40
出演: 中林和雄(東京国立近代美術館/企画課長)、平野敬子 
入場: 無料、要予約(TEL 03-6835-2260)

メディア

スケジュール

2013年03月27日 ~ 2013年04月26日

オープニングパーティー 2013年03月27日19:00 から 20:30 まで
0

アーティスト

平野敬子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use