「千代田の文化財で綴る江戸・東京の歴史」展

日比谷図書文化館 ミュージアム

poster for 「千代田の文化財で綴る江戸・東京の歴史」展

このイベントは終了しました。

慶長8(1603)年に徳川家康が江戸に幕府を開いて以来、天下の府として日本の政治・文化・経済の中心地となり、以降、首都東京の中心として歩んできた「千代田区」には、近世・近代の歴史を紐解く多くの文化遺産があります。平成26年度は区文化財保護条例施行30周年にあたることから、これらを記念するとともに、改めて「江戸・東京」の歴史を紹介するため、発掘調査の成果や文化財を中心に、これまで区が歩んできた文化財保護30年の成果を集約した展示を、前期・後期の2回に分けて開催します。

メディア

スケジュール

2014年07月22日 ~ 2014年08月31日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use