「印象派のふるさと ノルマンディー展 - 近代風景画のはじまり - 」

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

poster for 「印象派のふるさと ノルマンディー展 - 近代風景画のはじまり - 」
画像: ウジェーヌ・ブーダン 「ル・アーヴル、ウール停泊地」 (1885) ©J.P Godais. Musee d’Evreux

このイベントは終了しました。

フランス北西部に位置するノルマンディーは、海に面した風光明媚な地方として知られています。19世紀後半、鉄道の敷設にともない、パリ市民の憩いの場となったノルマンディーは、フランス有数のリゾート地として発展してきました。しかし、これに先立つ19世紀前半、身近な自然の風景を描いた近代の風景画家たちは、いち早くノルマンディーの美しさに気づき、その景観を画面にとどめようとしました。本展覧会はセーヌ河口に位置する港町ル・アーヴルのアンドレ・マルロー美術館の協力のもと、フランスを中心に国内外の美術館が所蔵する作品から、自然や歴史遺産といった「絵になる風景」の宝庫、ノルマンディーの魅力をとらえた油彩、素描、版画、写真など約80点を展示し、ノルマンディーが近代風景画の成立と発展に果たした役割を探ります。

[関連イベント]
ギャラリートーク 
日時:
9月12日(金)17:30~
9月20日(土)13:30~
参加費: 観覧料

開催記念公演会「ノルマンディー 近代風景画のはじまり」
日時: 10月11日(土)14:00~15:30
会場: 2階大会議室
講師: 古谷可由氏(公益財団法人ひろしま美術館学芸部長、本展日本側監修者)
参加費: 無料
定員: 200名

「ギャラリー★で★トーク・アート」
日時: 10月20日(月)14:00~16:00
参加費: 900円(中学生以下 無料)
定員: 20名

※詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use