「ゴッホの原点 オランダ・ハーグ派展 - 近代自然主義絵画の成立」

損保ジャパン東郷青児美術館

poster for 「ゴッホの原点 オランダ・ハーグ派展 - 近代自然主義絵画の成立」

このイベントは終了しました。

19世紀後半のオランダで、ポスト印象主義の画家ゴッホが「大物(マストドン)」とよんだ画家たちがいました。彼らは活動の拠点であった都市の名にちなんで「ハーグ派」とよばれていました。本展覧会はこのハーグ派に焦点をあてた日本で最初の展覧会です。ハーグ派はフランスのバルビゾン派の影響を受けながら、17世紀オランダ黄金時代の絵画を再評価し、屋外における自然観察を基盤として風車や運河、海景や船といったオランダならではの風景、漁業や農業に従事する人たち、室内など身近でありふれた光景を、透明感のある繊細な光とともに描きました。本展覧会ではオランダのハーグ市立美術館の所蔵作品を中心に、ハーグ派の作品だけでなく、クレラー=ミュラー美術館、ならびに国内に所蔵されているバルビゾン派の作品、そしてハーグ派の影響を受けたゴッホと抽象画家ピート・モンドリアンの初期作品もあわせてご紹介いたします。
[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 5月10日(土)13:30から
料金: 観覧料のみ
ギャラリー★で★トーク・アート
日時: 6月9日(月)14:00から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞 各1時間程度)
定員: 20名程度(要申込み)
料金: 参加費800円のみ
講演会 開催記念講演会『ハーグ派とゴッホ』
講師: 古谷可由(公益財団法人ひろしま美術館学芸部長、本展日本側監修者)
日時: 5月17日(土)14:00から1時間半程度(午後13:30開場)
場所: 損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)
料金: 無料・定員200名(要申込み)
上映会『オランダの光』(2003年、オランダ、94分)
日時: 5月25日(日)/5月31日(土)いずれも13:00~/15:00~(開場は開始20分前から)
場所: 損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)
無料・定員各回200名(当日自由参加)
各イベント詳細、申込み方法等、公式ホームページからご確認下さい。

[画像: ヤン・ヘンドリック・ヴァイセンブルフ《トレックフリート》1870年 ハーグ市立美術館 Collection Gemeentemuseum Den Haag, The Hague, The Netherlands]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2014年04月19日 ~ 2014年06月29日
月曜休館(ただし5月5日は開館)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use