菱田春草 展

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

菱田春草(1874-1911)は日本近代で最も魅力的な画家の一人です。春草は草創期の東京美術学校を卒業後、岡倉覚三(天心)の日本美術院創立に参加、いわゆる「朦朧体(もうろうたい)」の試みや、晩年の装飾的な画風によって、それまでの「日本画」を色彩の絵画へと変貌させました。生誕140年を記念して開催する本展では、《落葉(おちば)》連作5点すべてに加え、《黒き猫》をはじめとするさまざまな“猫作品”や、新出作品等を含む100点を超える作品を、最新の研究成果とともにご紹介します。

[関連イベント]
講演会
高階秀爾(大原美術館長、東京大学名誉教授)
日時: 2014年9月27日(土) 14:00-15:30

尾﨑正明(茨城県近代美術館長)
日時: 2014年10月11日(土) 14:00-15:30

会場: 東京国立近代美術館講堂(地下1階)
参加費: 無料
定員: 140人
※お申込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2014年09月23日 ~ 2014年11月03日
金曜日は20:00まで

アーティスト

菱田春草

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use