淺井裕介 「世界中の何でもないところに、大事なものは何でもなく隠れている」

吉祥寺バウスシアター

poster for 淺井裕介 「世界中の何でもないところに、大事なものは何でもなく隠れている」

このイベントは終了しました。

中央線沿線で様々なアートプロジェクトを展開しているTERATOTERAは、活動を開始した2010年より吉祥寺を代表する老舗映画館バウスシアターとコラボレーションし、映像作品の上映、音楽ライブ、トークショーなどを実施してきました。30年の歴史に幕を閉じるバウスシアターの最後に花をそえるべく、世界を舞台に活躍するアーティスト・淺井裕介が、その外壁や内壁に絵を描きます。私たちに素晴らしい映画を提供しつづけてくれた老舗映画館の時空にインスピレーションを受けながら、淺井は会期中公開制作という形で、5月9日(金)から9日間、毎日絵を描き続けます。それ以降はバウスシアターの最終日6月10日まで作品をご覧いただけます。色彩豊かな絵画に包み込まれたバウスシアターに、ぜひ足をお運びください。

※館内へは映画をご覧になる方しかご入場できませんが、館内の作品も6月4日(水)〜6日(金)の11: 00〜13:00のみ、無料で公開いたします。

メディア

スケジュール

2014年05月09日 ~ 2014年05月17日

アーティスト

淺井裕介

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

閉館する吉祥寺の老舗映画館で淺井裕介が9日間公開ペインティング

【Art Beat News】「バウスシアター」30年の締めくくりに花をそえる

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use