「版画工房サミット2014」

The Artcomplex Center of Tokyo

poster for 「版画工房サミット2014」

このイベントは終了しました。

1980年代、版画作品はアートマーケットにおいてポピュラーに流通し、作家、工房、画廊・ギャラリーが連結し、アートマーケットの一部を賑わしていました。しかし、現在のマーケットにおける版画作品はアートとしての一般認識が少し薄れて来ている気がします。しかし、時代の流れに沿って版画作品は、現代アートやインテリアとしても高い技術やアート性を保ち続けています。 今回は、そんな版画作品の素晴らしさを再認識するために「版画工房サミット」を開催します。シルクスクリーン、リトグラフ、ジクレー、銅版、木版…など、版画には様々な手法があります。作家の表現力と工房の技術が合わさり、作り出される版画作品は、絵画とは一風変わった趣きを放ち、私達を魅了します。 版画作品はいかにして作り出され、世に送り出されるのか。その道しるべとして版画工房や幅広い年齢層の作家が一致団結し、制作における方法や版画作品のススメを発信します。
出展: Itazu Litho-Grafik / 美学校 / 360°GRAPHICS / 岡部版画工房 / KIDO Press, Inc. / joshibi print makers / 東京藝術大学版画研究室 / ACTブース(小浦昇、府川誠)

[トークショー]
11月22日 17:00〜18:00
版画作品が繁栄していた頃から現代までの流れや、以降、復権のための試みなど、作る側、売る側、買う側の視点より時代を紐解いていくトークショーです。

メディア

スケジュール

2014年11月18日 ~ 2014年11月24日 17:00

オープニングパーティー 2014年11月22日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use