林忠彦 「日本の作家109人の顔」

日比谷図書文化館 ミュージアム

poster for 林忠彦 「日本の作家109人の顔」

このイベントは終了しました。

昭和を代表する写真家の一人、林忠彦(1918~1990)が日本の作家109人を撮った写真展。作家が文士であった昭和という時代。その時代を生きた「顔」を記録した写真107点に加え、もう一つの作家の「顔」といえる代表作や初版本が展覧会に華を添えます。戦後という時代を撮り続けた林忠彦は、銀座のバー「ルパン」に集う無頼派作家たちと出会ったのをきっかけに、戦後の日本文学を担う文士たちの姿を撮り続けました。戦後復興の東京を生きる、力強く個性的な文士たちの「顔」。エネルギーがあふれる時代の息吹を、彼らの姿とその作品から、感じ取ることができます。

[関連イベント]
対談「林忠彦の見た、昭和という時代」
日時: 10月18日(土) 14:00~15:30
講師: 岡井耀毅(写真ジャーナリスト)、飯沢耕太郎(写真評論家)
参加費: 1000円
定員: 先着200名
会場: 日比谷図書文化館地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

鼎談「林忠彦の写真に見る文士たちの生き様」
日時: 11月4日(火) 19:00~20:30
講師: 坂口綱男(写真家)、檀太郎(エッセイスト)、林義勝(写真家)
参加費: 1000円
定員: 先着200名
会場: 日比谷図書文化館地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

※詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2014年09月26日 ~ 2014年11月25日
土曜日は19:00まで開館、日曜日・祝日は17:00まで開館

アーティスト

林忠彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use