大矢加奈子 「その時のあの事と、3つの切れ端」

hpgrp Gallery 東京

poster for 大矢加奈子 「その時のあの事と、3つの切れ端」
[画像: 大矢加奈子「高速バスターミナルの水玉のワンピース」 2014 803×652mm パネル/油彩、アクリル]

このイベントは終了しました。

今回の展覧会では、記憶や記録というキーワードを元に描いた新作を発表します。「様々な繋がりの中に生きる上で、記憶は切り離すことができないにも関わらず、とても曖昧で不安定なものだと感じる。記憶を補うはずの記録が、むしろ記憶やリアリティを混乱させるといった場面に出くわすことも多々有り、そんな時私は自分の存在に対しても不安を感じずにはいられない。」と語る大矢加奈子は、自己の作品を、曖昧な記憶を「一瞬でも手触りのある」現実としてつなぎ止める手段として捉えています。過去に見たであろう風景、また感じたであろう感覚の「記憶」から新たなイメージを描きます。

メディア

スケジュール

2014年10月31日 ~ 2014年11月24日

オープニングパーティー 2014年10月31日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

大矢加奈子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use