「キトラ古墳壁画」 展

東京国立博物館

poster for 「キトラ古墳壁画」 展

このイベントは終了しました。

奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画を、特別公開します。「四神」のうち白虎・玄武・朱雀、「十二支」のうち、獣の頭に人の体を持つ子・丑を展示します。壁画は、2016年度を目処に、国土交通省が国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内に新設する予定の「体験学習館(仮称)」の「壁画保存管理施設」(当該部分は文化庁による設計・施工)における保存公開を目指して修理が行われていますが、修理(再構成)が完了した後では、壁画を遠方へ移動して公開することは技術的に困難になります。そこで、壁画の再構成作業が本格化する直前に、東京国立博物館で特別に公開し、これまで進めてきたキトラ古墳壁画の修理と、今後の保存活用の展開を紹介いたします。キトラ古墳壁画が、村外で公開されるのは今回が初めての機会となります。

メディア

スケジュール

2014年04月22日 ~ 2014年05月18日
会期中の金曜日は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館。5月5日(月・祝)開館、5月7日(水)休館。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use