「島根県立石見美術館所蔵 水彩画家・大下藤次郎」展

千葉市美術館

poster for 「島根県立石見美術館所蔵 水彩画家・大下藤次郎」展

このイベントは終了しました。

大下藤次郎(1870-1911)は近代日本における水彩画のパイオニアです。彼が日本の風景をみずからのまなざしで発見した最初の地は房総でした。1893年(明治26)、画家を志していた彼は上総を旅行中に自然の豊かな美にめざめ、大きな一歩を踏み出したのです。その後大下は、みずから制作に携わるかたわらその指導に努めました。『水彩画の栞』(1901年)や雑誌『みづゑ』(1905年創刊)に代表される一連の教育普及活動は、日露戦争の前後から、青少年を中心とした水彩画の大きなブームを呼び起こしました。大下の普及活動の成果は、伝統的な日本の風景観の変革に大きく寄与した点と、絵画制作の愛好者を増やし、彼らの中からその後多くの画家を輩出した二点にあります。本展覧会は大下藤次郎の収集で全国的に知られる島根県立石見美術館の所蔵作品により、明治時代に新しい風景画を創出した大下の画業と、彼が普及に努めた水彩画の魅力を紹介します。

[関連イベント]
講演会「かいて、つながる─表現者、大下藤次郎の魅力─」
講師: 川西由里(島根県立石見美術館主任学芸員)
日時: 5月31日(土)14:00より(13:30開場予定)
会場: 11階講堂にて/聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

講演会「趣味と実利と水彩画」
講師: 原田光(岩手県立美術館館長)
日時: 6月14日(日)14:00より(13:30開場予定)
会場: 11階講堂にて/聴講無料/先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

市民美術講座「あたらしいまなざし―大下藤次郎からはじめる風景画ー」
講師: 藁科英也(当館学芸員)
日時: 6月21日(土)14:00より(13:30開場)
会場: 11階講堂にて/聴講無料/先着150名

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2014年05月20日 ~ 2014年06月29日
6月2日は休館

アーティスト

大下藤次郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use