エリック・ホグラン 展

渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY

poster for エリック・ホグラン 展

このイベントは終了しました。

エリック・ホグランは、1932年生まれのガラス作家です。ストックホルムのKonstfack(現国立芸術工芸デザイン大学)で彫刻を学んだ後、1953年から1973年までBODA社でデザイナーとして活躍。洗練されたデザインが好まれた当時、北欧の伝統に南米の手工芸などを取り入れつつ生まれたプリミティブな作風で、ガラス工芸に新しい風を吹き込みました。作品に、より温かみや人の手を感じさせるために、炉の燃料に様々な素材を試したり、おがくずの中にガラスを投げ込んだり、ホグランは様々な実験も行ないました。型押しした動物などのモチーフと、力強い色遣い、職人の間では敬遠されがちだった気泡、歪みなどは、彼のトレードマークとなっています。1957年には北欧のデザイナーを対象とする最も権威のあるルニング賞を受賞。25歳での受賞は、ハンス・ウェグナー、タピオ・ ウィルッカラ、カイ・フランク、ティモ・サルパネヴァなど蒼々たる歴代受賞者の中で最年少でした。受賞後もホグランは精力的に新しい表現と素材を追い求め、1973年以降はアーティストとしての活動をメインに、1998年に亡くなるまで、PUKEBERG、Pilchuck Glass School、Studioglas Stromshyttanなどと活動を続けました。ガラス、鉄、銅などの素材を用いた150以上ものオブジェが、スウェーデン国内外の公共施設に置かれています。

メディア

スケジュール

2014年10月01日 ~ 2014年10月20日

アーティスト

エリック・ホグラン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use