荒木経惟 「切真」

ラットホール・ギャラリー

poster for 荒木経惟 「切真」
[画像: 荒木経惟 「切真」より (2014) C-print 54 x 78.5 cm]

このイベントは終了しました。

本展で発表される最新シリーズ「切真」で荒木は、撮影したポジフィルムを真っ二つに切り離し、組み合わせを変えて新たにつなぎ合わせたポジフィルムから写真作品をプリントしています。昨年末に右眼の視力を失ってから撮影された、日常生活や街の風景、女性のヌード、花や人形のイメージを組み合わせた写真には、荒木の現在の心境が映し出されているとともに、「切る」行為によって生み出された新しい発見や物語が満ち溢れています。ポラロイドを二つに切って新たにつなぎ合わせた作品「愛切(あいせつ)」や、ポジフィルムの右側を黒マジックで塗りつぶした作品「左眼ノ恋(さがんのこい)」に続く「切真」では、荒木の遊び心やユーモアとともに、自らの手による「破壊」と「再生」によって独自の生死観が表現されています。「写真というのは生きること」と話す荒木の最新作は、思いもよらないイメージの組み合わせによって、新たなリアリズムとの出会いを見る者にもたらしています。

メディア

スケジュール

2014年09月26日 ~ 2014年11月02日

オープニングパーティー 2014年09月26日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

荒木経惟

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use