小林耕平 「りこうなハンス / Clever Hans」

TALION GALLERY

poster for 小林耕平 「りこうなハンス / Clever Hans」

このイベントは終了しました。

今回の小林耕平のキュレーションにより、グリム童話の『りこうなハンス』という話を基に展覧会を構成します。この童話では、登場人物の行動または会話が、文章構成によって条件づけられています。文章構成という、登場人物において決して気づくことのないレ ベルの階層があるゆえに、そこでの会話や行為において飛躍が起きても、誰もそのことに躓くことなく状況は進んで行きます。読者は、登場人物の誰に視点を置くかによって、ハンス「りこう・ばか」、グレーテル「贈与」、おっかさん「忘却・指示」など、他人と関係を結ぶうえでの主題が変わります。このような構成を、今回のキュレーション、そして展 示に至るまでの経緯と重ね合わせることで、参加者全員がそれぞれ異なる主題で全体を捉えることができると考えました。キュレーションは小林が参加作家全員を選ぶのではありません。まず小林が一人目の人または作品を推薦し、その人もイチオシの人または作品を選びます。紹介を重ねることで、この企画全体のメンバーが決定されていきます。また、 参加作家、ひとりひとりの活動を記録した映像も作成します。その映像では、小林は「りこうなハンス」を媒体にし、 それぞれの人の活動におけるテーマについて話を伺います。「りこうなハンス」の読者と同様に、この展示を鑑賞され る方も、「なにかおくれよ」なのか「今度はうまくおやりよ」なのか「なにかいいものもってきたの?」など作品との関係を変えることで、この展示の登場人物になれるかもしれません。

メディア

スケジュール

2014年11月15日 ~ 2014年12月28日

オープニングパーティー 2014年11月15日18:00 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use