MAMプロジェクト020: ガブリエル・アセベド・ベラルデ

森美術館

poster for MAMプロジェクト020: ガブリエル・アセベド・ベラルデ

このイベントは終了しました。

ペルーの首都リマ出身のガブリエル・アセベド・ベラルデ(1976年生まれ)は、南米を始め、アメリカやヨーロッパ各地で作品を発表し、世界的に活躍するアーティストです。

2010年のサンパウロ・ビエンナーレや2011年のリヨン・ビエンナーレに出品されたアニメーション作品《舞台》(2004年)は、集団の中で監視され、個性が奪われる社会の仕組みを、一見コミカルな漫画の様式を用いてシンプルかつ鋭く表現した作品です。日本での初個展となる本展では、この代表作に加え、リマの自然史博物館を舞台にした新作ビデオ作品《法令882条》を発表します。

[関連イベント]
「アーティストトーク」 ※日英同時通訳付
日時: 2月1日(土) 14:00~15:30
出演: ガブリエル・アセベド・ベラルデ
会場: アカデミーヒルズ( 六本木ヒルズ森タワー49階)
定員: 60名(要予約)
料金: 無料
※関連イベントのお申込み方法は、公式ホームページをご確認下さい。

[画像: ガブリエル・アセベド・ベラルデ「舞台」(2004) ビデオ]

メディア

スケジュール

2014年02月01日 ~ 2014年05月06日
2月11日(火・祝)、4月29日(火・祝)、5月6日(火・休)は22:00まで、4月19日(土)は「六本木アートナイト2014」開催に伴い翌朝6:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use