平松実紗 + 田辺真弓 「ポリモーフィック」

スカイ・ザ・バスハウス

poster for 平松実紗 + 田辺真弓 「ポリモーフィック」
画像: 平松実紗 「延命措置」 (2014) ゴミ、木製パネル 22x27x8cm (部分)

このイベントは終了しました。

本展では、今年大学を卒業したばかりの2人の若手作家をご紹介いたします。平松実紗は、ゴミや残飯、フィクショナルな死を連想させる演劇的なインスタレーションを通じて、存在から吐き出されるグロテスクな側面に向き合います。田辺真弓は、疲労したからだの重さをふいに気づかせてくれるめまいの体験を手がかりに、蜜蝋やワセリンなど時とともに溶解する素材を用いた彫刻空間を創り出します。希薄化する身体感覚を呼び覚ます両作家の試みは、マテリアルの溶解と腐朽といった対照的な主題に取り組みながら、時間という不可知なエージェントにその変形を委ねています。

メディア

スケジュール

2014年07月11日 ~ 2014年08月02日

オープニングパーティー 2014年07月11日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

平松実紗田辺真弓

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use