「自然への語らい ‐ 石澤久夫の仕事 - 」展

高崎市美術館

poster for 「自然への語らい ‐ 石澤久夫の仕事 - 」展

このイベントは終了しました。

高崎市美術館では、独自の詩想をもとに、月や妖精などの形象によって自然との語らいを描き続ける画家「石澤久夫の仕事」展を開催いたします。石澤久夫は、1932(昭和7)年、高崎市に生まれ、群馬県立高崎工業高等学校在学中の 1947年より、終生の師と仰ぐ井上房一郎(1898-1993)にセザンヌを中心とする絵画基礎理論の指導を受け、 1959年、井上の紹介で建築家アントニン・レーモンド(1888-1976)と知り合うことで1961年の群馬音楽センター壁画制作に主体的に関わり、地元若手作家とともにレーモンドデザインによるフレスコ壁画を完成させました。以後、長年の壁画制作で培われた大画面の構成力は油彩制作でも活かされ、近年のモニュメンタルで力強い作風を育みましたが、一方でパレットでの混色をせず、面相筆に絵具を直接とり、薄塗りを重ねてゆく繊細な筆触を活かした画布には、色層を透かす効果とともに、自然と語らう詩想が込められています。
本展では代表作《抱擁》(1981年)をはじめとする1940年代から2000年代までの油彩作品34点や、水墨による長松寺襖絵(1996年)と極細ペンによる線描画などモノトーン作品15点、音楽センター壁画制作当時の貴重な写真資料などを通して、石澤久夫の多様な仕事をご紹介します。
また高崎市美術館コレクション展を同時開催いたします。

[関連イベント]
作家によるギャラリートーク
日時: 2月8日(土)、3月8日(土)、いずれも14:00~

学芸員によるギャラリートーク
2月22日(土)、3月22日(土)、いずれも14:00~

[画像: 石澤久夫「抱擁」古代カガミ三面鏡シリーズ(1981) 油彩]

メディア

スケジュール

2014年02月08日 ~ 2014年03月23日

アーティスト

石澤久夫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use