サム・ストッカー 「リバー・ノヴス(赤の書)」

TANA Gallery Bookshelf

poster for サム・ストッカー  「リバー・ノヴス(赤の書)」

このイベントは終了しました。

東京在住のイギリス人アーチストであるサム・ストッカーによる新作展。スイス人心理学者/精神分析家カール・グスタフ・ユングの手稿『Liber Novus(赤の書)』からの着想に基づき、ギャラリー周辺の神保町の地域性に呼応して即興的なリサーチを行う展示となります。展示はワークインプログレスなプロジェクトとして、三つの段階を経て変化していきます。まず展示空間と周辺環境に直接呼応したインスタレーションの展示を行い、日本における個人/自己の起源としての神保町への地域研究を進め、それらをすべて統合するものとしてのパフォーマンスを行います。

[関連イベント]
パフォーマンス
日時: 5月11日 (日) 15:00-19:00
料金: 入場無料
Sam Stocker / Jack McLean / Aquiles Hadjis / Satoshi Ikeda / Rene Van Munster / Jun-ichi Kamiunten (with more acts to be announced)

メディア

スケジュール

2014年03月18日 14:00 ~ 2014年06月09日 21:00

オープニングパーティー 2014年03月18日18:30 から 21:30 まで

アーティスト

サム・ストッカー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use