丹羽良徳 「祝・第二版重版記念 フェア&イベント」トークイベント

ナディッフ アパート

poster for 丹羽良徳 「祝・第二版重版記念 フェア&イベント」トークイベント

このイベントは終了しました。

このたび、NADiff a/p/a/r/tでは、丹羽良徳のアーティストブック「公共性を再演する|作品の解説を23種類の言語に翻訳する 丹羽良徳の2004年から2012年の介入プロジェクト」の増刷を祝した連続トークイベントと、店内フェアを開催いたします。この書籍は、2004年から2012年までの丹羽良徳の作品をまとめ、アーティスト自身の作品解説を23種類の言語で記述する試みです。欧米、アジア、中東圏の主要言語に加え、エスペラントやロジバンという地域や国に依らない国際言語まで収録し、自分自身が見えている世界=自分 自身で説明しうる世界の外の領域を作品に重ねることで、従来の作品解釈をさらに押し広げようとしています。

この度のイベントでは、本書の出版の経緯や、「公共性」について対談する連続企画を予定しています。

第二版発売記念、制作者対談トーク
今回制作に携わったアーティスト、デザイナー、編集者を交えてアーティストブックの条件を語ります。
日時: 1月31日(金) 19:00~21:00
*トーク終了後はサイン会を行います。(初版、二版購入者対象)
「アーティストブックの条件」
出演: 丹羽良徳 (アーティスト)、田中義久 (グラフィックデザイナー)、伊藤雅俊 (マイブックサービス)
進行: 島貫泰介 (美術ライター/ 編集者)

作品と公共性を巡るリレートーク
日時: 2月1日(土) 17:00~19:00
丹羽良徳が2人のゲストと共に、「公共性」について対談する連続トークです。

「アートに公共性はあるか?」
時間: 17:00~18:00
ゲスト: 市原尚士 (読売新聞水曜夕刊ポップスタイル欄編集長)

「公共性に条件はあるか?」
時間: 18:00~19:00
ゲスト: 岸井大輔 (劇作家、PLAYWORKS主宰)

メディア

スケジュール

2014年01月31日 ~ 2014年02月01日

アーティスト

丹羽良徳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use