「江戸の暮らしと伊万里焼展」

戸栗美術館

poster for 「江戸の暮らしと伊万里焼展」

このイベントは終了しました。

江戸時代前期において磁器は貴重な高級品であり、伊万里焼も主に大名や公家など上層階級の間で用いられました。好景気に沸いた17世紀末頃には、華やかな元禄文化が花開き、伊万里焼でも赤や金を多用した絢爛豪華な古伊万里金襴手様式が流行。この頃には、経済成長によって富を蓄えた豪商たちが伊万里焼を手にする機会も増えていきました。18世紀後半になると、食文化の発展や生活水準の向上を背景に、伊万里焼は豊かになった町人の生活の中へと普及していきます。庶民的な屋台から高級料亭まで、外食産業が盛んになったこともあり、さまざまな需要に応じた多種多様なうつわを生みだしました。伊万里焼では青一色の染付を中心とした食器ばかりでなく、化粧道具や文具など食器以外の磁器製品も新たに登場します。今展示では、江戸時代の町人文化を豊かに彩った伊万里焼を中心に、当時の暮らしとあわせてご紹介します。

メディア

スケジュール

2015年01月06日 ~ 2015年03月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use