加納俊輔 「ファウンテン マウンテン」

Maki Fine Arts

poster for 加納俊輔 「ファウンテン マウンテン」
© [画像: 加納俊輔 「layer of my labor_54(drawing on lumber)」(2014) Type C print, lumber 300×300×300mm, unique]

このイベントは終了しました。

加納俊輔は1983年大阪生まれ、京都在住。資生堂ギャラリーでの個展「shiseido art egg | ジェンガと噴水」(2014年)では、多くの注目を集めました。今夏には愛知県美術館でのグループ展「これからの写真」(8月1日-9月28日)に参加予定で、今後の活躍が期待されるアーティストです。

加納俊輔は、物質の表層に「仕掛け」を与えることで、鑑賞者のオプティカルな感覚を刺激する作品を発表しています。例えば、代表的な作品シリーズとして、キューブ(立方体)にカラフルなプラスティック製バンドが巻き付いた作品がありますが、よく見ると、その表面には写真が貼り付けてあります。実際にその表面にプラスティック製バンドを巻き、撮影し、その写真を張り付けて、また写真を撮影するという行為を繰り返したものです。また大理石、ベニヤ板や建材等と、マスキングテープ、ロープ、粘土、シール、サインペンの落書き等のイメージを掛け合わせた展開は、支持体とのイメージの関係性と意味、そして軽やかなユーモアセンスを読み取ることが出来ます。そのアプローチは、これまでの写真表現の枠組みを巧妙に崩しながら、新しい切り口による写真/イメージの解釈の可能性を提示しています。

Maki Fine Artsでは約1年半ぶり、2回目の個展となる本展では、新作のキューブ作品等、立体作品を中心に展示致します。これまでの制作手法と比べ、より「絵を描く(ドローイング)」に近い感覚で制作したという、加納俊輔の新しいアプローチを是非ご高覧下さい。

メディア

スケジュール

2014年05月10日 ~ 2014年06月08日

オープニングパーティー 2014年05月10日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

加納俊輔

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use