「現代日本画の巨匠 松尾敏男展」

平塚市美術館

poster for 「現代日本画の巨匠 松尾敏男展」
[画像: 松尾敏男 「夜想譜」 (1990) 長崎県美術館蔵]

このイベントは終了しました。

松尾敏男(1926-) は長崎に生まれ、現在横浜市に住む現代日本画家です。現在日本画壇を代表する一人として活躍し、日本美術院理事長の重責を担っています。画業初期の不安をテーマにした作品ののち、花鳥画や人物画、ヴェネチアに触発された風景画など幅広い作品のなかで、師の南風、さらにその師である横山大観へとさかのぼる現代日本画の正系をつぐ清澄な画境を示しています。本展は、初期から現在までの代表作およそ40 点により、60 年を超える松尾敏男の画業の高みを紹介するもので、全国では4年ぶり、神奈川県内では初めてとなる本格的な松尾敏男の回顧展です。

メディア

スケジュール

2014年10月11日 ~ 2014年11月30日

アーティスト

松尾敏男

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use