記録映画「『日本再発見』—岩手県」

インターメディアテク

poster for 記録映画「『日本再発見』—岩手県」

このイベントは終了しました。

岩手県の経済史を辿ると、鉱山と水上の物流が中心的な要素となります。自然の障壁により、岩手は「辺鄙」と見なされてきた一方、山は資源を供給し、川と海はその唯一の輸出手段でありました。本上映会では人間が活用してきた「鉄」を中心に、岩手県における工業と伝統工芸を取り上げます。

[スケジュール]
「岩手県」(「日本発見」シリーズより)
1961年/28分30秒/16mmをデジタル化/白黒
岩波映画製作所/制作: 高村 武次/監督: 花松 正卜/脚本: 吉原 順平/撮影: 谷口 正和

「南部鉄びん」
1959年/17分00秒/16mmをデジタル化/白黒
岩波映画製作所/制作: 小口 禎三/監督: 土屋 信篤/脚本: 羽仁 進、犬伏 英之、吉原 順平/撮影: 藤瀬 季彦

メディア

スケジュール

2014年12月12日 18:30~19:20

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use