「輝ける金と銀 - 琳派から加山又造まで - 」展

山種美術館

poster for 「輝ける金と銀 - 琳派から加山又造まで - 」展

このイベントは終了しました。

いつの時代も人々の心を惹きつけてきた金と銀。日本美術では、その光り輝く美しさを古くから造形に活かしてきました。特に絵画では、金銀の砂子を散らした絵巻や、ふんだんに金銀を使った豪華な屛風をはじめ、ジャンルを問わず幅広く活用されています。本展では、近代・現代の画家が用いた金と銀の表現の足跡をたどるとともに、その発想の源となった平安時代の料紙装飾や江戸時代の琳派の絵画などもあわせて展示します。また、作品に用いられた様々な技法を再現する見本を新たに制作し、金と銀の素材に技を込めた画家たちの試みにも迫ります。
※会期中、一部展示替えあり。前期:9月23日~10月19日、後期:10月21日~11月16日

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2014年09月23日 ~ 2014年11月16日

アーティスト

酒井抱一横山大観速水御舟加山又造

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use