「われわれは〈リアル〉である 1920s-1950s プロレタリア美術運動からルポルタージュ絵画運動まで: 記録された民衆と労働」

武蔵野市立吉祥寺美術館

poster for 「われわれは〈リアル〉である 1920s-1950s プロレタリア美術運動からルポルタージュ絵画運動まで: 記録された民衆と労働」

このイベントは終了しました。

今回の展示は1920年代から1950年代という激動の社会の中であらわれた、美術と民衆(労働者)との接近という事象に目を向ける、ユニークな企画です。「プロレタリア美術運動とその時代」「戦争と民衆 戦争画と勤労・増産絵画」「戦後、ルポルタージュへ」の3部構成。

[関連イベント]
パネルトーク 「民衆的〈リアル〉 美術×漫画×文学×思想」
日時: 5月24日(土) 14:00~16:00
パネリスト: 足立元(美術史家)、片倉義夫(漫画資料室MORI)、鳥羽耕史(早稲田大学文学学術院教授)、池上善彦(元『現代思想』編集長)
会場: 武蔵野市立吉祥寺美術館 音楽室
定員: 90名(要申込・先着順)
参加費: 無料(美術館入館券が必要)
※申込方法など詳細は公式ホームページよりご確認ください。

[画像: 池田龍雄 『炭焼き窯』 (1953)]

メディア

スケジュール

2014年05月17日 ~ 2014年06月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use