「コメ展」

21_21 DESIGN SIGHT

poster for 「コメ展」

このイベントは終了しました。

「まったくのいきもの、まったくの精巧な機械」。自らコメづくりをするなかで、稲の本質を見事に言い当てた宮沢賢治の言葉です。私たちの生命と文化を繋ぐコメ。また、それを形成する緻密な環境システムには、私たちの学ぶべきデザインのヒントが秘められています。それは、未来を切り開く多くの「糧(かて)」をもたらすでしょう。激変する地球環境とライフスタイルや価値観の転換期をむかえ、主食としてのコメの位置づけも揺らぐなか、この展覧会では、私たちの文化の根幹をなすコメのありようを新鮮な目で見つめ直していきます。そして、社会全体で引き受けるべき大きな課題として、その未来像を来場者の皆様とともに考えていきます。
参加作家: AXIS、阿部大輔、アラカワケンスケ、石黒 猛、imaginative inc.、川路あずさ、ことほき、CSO ピースシード、studio note/寺山紀彦、パーフェクトロン、平井さくら、平瀬謙太朗、深澤直人、三木俊一(文京図案室)、WOW

メディア

スケジュール

2014年02月28日 ~ 2014年06月15日
火曜日休館(4月29日、5月6日は開館)、4月19日(土)は24:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use