SICF15グランプリアーティスト展 山本優美 「うつしみ」

スパイラル

poster for SICF15グランプリアーティスト展  山本優美 「うつしみ」

このイベントは終了しました。

今年5月に開催した「SICF15」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)に於いて参加100組のクリエーターの中からグランプリを受賞した山本優美による個展「うつしみ」を開催します。何の変哲もない日用品をモチーフとし、粘土を本物と見紛う程に精巧に手作業で象り、硬く焼き上げた作品の数々。柔らかな肌触りを連想させるモチーフが凍り付いたかのように永遠に形を定着させられ、同時に陶器特有のもろさを纏ったその姿は、かつてそれを身につけていたであろう持ち主の哀歓を醸し出します。山本優美は、焼く事により形を留める陶器を「記憶のメディア」として捉えています。日常的なモチーフを詩的な表現でアートへと昇華し、そして極めて工芸的な技術の高さが評価され「SICF15」グランプリに輝きました。
今回の個展では初めて、作家本人と深く関わりを持つ自身の祖母の持ち物をモチーフとし、祖母のライフストーリーを重ね合わせ、時間と想いを丁寧に彫り込んだ新作が並びます。展覧会タイトル『うつしみ』は、'この世に生きている身(現身(うつしみ))'を意味し、現代に生きる人の痕跡を「記憶のメディア」で浮き彫りにすると共に「映し」、「移し」、「写し」といった同音の語から制作の裏側にある意図を彷彿とさせます。

メディア

スケジュール

2014年10月25日 ~ 2014年10月27日

アーティスト

山本優美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use