リンジー・ジェームス・リー 「PAIN THING」

アートセンター・オンゴーイング

poster for リンジー・ジェームス・リー 「PAIN THING」

このイベントは終了しました。

リンジー・ジェームス・リーは2013年にマニラを襲った巨大台風で作品が浸水被害にあったことが転機となり、アート作品の価値とは何なのかを自らの制作を通じて探りはじめました。本展「Pain Thing」でリンジーは、彼のベースとなっている絵画というメディアが、どのようにしたらアートとしてみなされるのかという問いを投げかけます。もし絵画が傷ついていたり、破けていたら、その価値は薄れるのか?また、人はそうした作品と向かいあうとき、どのような時間を割くことができるのか。絵画というメディアが背負った様々な宿命や課題を、あえて絵画を通じてリンジーは探りつづけるのです。

[関連イベント]
リンジーのOngoing AIR 滞在報告会
日時: 12月21日 (日) 19:00~
参加費: 1000円(軽食・ワンドリンク付き、入場料込み)
Ongoing AIR(オンゴーイング・アーティスト・イン・レジデンス)第10弾、
フィリピンからやってきたリンジーことLindsey James Lee。リンジーが見た日本、東京、そしてオンゴーイングはどんなものだったのか。
お別れパーティーをかねた報告会を開催します。
ぜひ皆様、お気軽にご参加ください。

メディア

スケジュール

2014年12月18日 ~ 2014年12月21日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use