「徒然草 - 美術で楽しむ古典文学 - 」

サントリー美術館

poster for 「徒然草 - 美術で楽しむ古典文学 - 」

このイベントは終了しました。

鎌倉時代末期、兼好法師によって書かれた『徒然草』は、名文の誉れ高く、『枕草子』・『方丈記』とともに日本三大随筆に数えられます。
『徒然草』の本格的な享受は慶長年間に始まると考えられ、江戸時代になると、研究、鑑賞、そして創作への応用など、さまざまな分野で多様な展開を示すようになりました。そうした『徒然草』流布の過程で、〈徒然絵〉とも呼ぶべき絵画作品が登場するようになります。海北友雪筆「徒然草絵巻」二十巻もその一つです。本展では、この新収絵巻を初公開するとともに、屏風や絵本などの美術作例を通して、一度は読みたい、今こそ知りたい『徒然草』の名場面をたどります。

[関連イベント]
特別講座 「はじめてのくずし字 - 徒然草絵巻を読んでみよう - 」
日時: 7月5日(土) 13:30~15:30
講師: 土谷真紀(金龍山浅草寺職員)、当館学芸員
会場: 6階ホール
料金: 1500円(別途入館料が必要)
定員: 40名(事前申込制)

記念講演会 「絵巻で読み解く徒然草」
日時: 7月6日(日) 14:00~15:30
講師: 島内裕子(放送大学教授)
会場: 6階ホール
料金: 700円(別途入館料が必要)
定員: 100名(事前申込制)

親子ワークショップ 「活版印刷をやってみよう」
日時: 7月13日(日) 10:30~11:30、14:00~15:00
講師: 印刷博物館「印刷の家」インストラクター
会場: 6階ホール
対象: 小学校4年生以上の親子
料金: 500円(別途入館料が必要)
定員: 各回6組(事前申込制)

「徒然草」展 見どころトーク
日時: 6月15日(日)、7月20日(日) 各日11:00~11:30、14:00~14:30
会場: 6階ホール
料金: 無料(別途入館料が必要)
定員: 各回80名
※申込方法など詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2014年06月11日 ~ 2014年07月21日

アーティスト

海北友雪

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use